※アフィリエイト広告を利用しています

【ネタバレあり】1122第2話のネタバレ、あらすじ感想。Amazonプライムオリジナルドラマ

第二回は一子、二也の実家との家族関係がみえてきて、切ない回になりました。

前回のあらすじからみていきましょう。

1122を見たい方はAmazonプライムの無料体験で観られます。

\無料体験期間中いつでも解約OK/

Amazonプライムを無料体験してみる

/1122が観られるのはAmazonプライムだけ\

前回のあらすじ

妻、ウェブデザイナーの相原一子(高畑充希)と文具メーカー勤務の夫、相原二也(岡田将生)はなんでも話せる友達のような仲のいい夫婦。

セックスレスで、婚外恋愛許可制を導入している以外は…。

二也は毎月第三木曜日の夜に恋人と過ごす。

二也は、一子にセックスを拒否され「外で済ませて」と言われてから、お花教室に通い出すようになり、そこで恋人となる美月と出会い、付き合っている。

結婚七年目の結婚記念日を迎え、旅行にやってきた一子と二也。

その夜ベッドで久しぶりに二也を誘うが、「僕に好きな人がいるって知ってるよね?」と断られてしまう。

一子は、最初は平気なはずだったが、恋愛に浮かれる二也に、最近は心がざわつくことが増えてきている。

そんな中、友人の恵に言われた「一子にも婚外恋愛許可制の権利はあるんだよね?」という一言をきっかけに、事態は動き出す…。

詳細は第一話のネタバレあり、あらすじをご覧ください。

【ネタバレあり】ドラマ1122第1話のあらすじ感想。アマプラオリジナルドラマ。

続きを見る

第二話あらすじ(ネタばれあり)

二也は飲食店のカウンターに一人で座り、飼っていた猫のブッチャーのことを思い出していた。

結婚記念日のオーベルジュで抱きかかえて寝た一子と重ね合わせ、「愛おしさでもあって、でも欲情や興奮とは程遠い」と猫のブッチャーの写真をみながら思い出す。

そこに姉のとう子が店に入ってくる。

とう子は夫と離婚している。

「二十歳のころから一緒だったし。」「だけど終盤はお互いひどい感じになっちゃって、別れたときはホッとしたよ。」と数年前の離婚を語るとう子。

ビールを飲みながら兄弟の会話は進む。

一子がスイカを送った時のカービングの写真をみせながらとう子は「一子ちゃんのこういうとこ好きだな~」

「あんたたちいい夫婦って感じ。」と一子と二也について話す。

そこに一子の母から二也に連絡が入る。

店の外に出て一子の母と会話する二也。

二也と一子は車に乗って、1年半ぶりに一子の実家に向かいます。

母がけがをしたという連絡だったようだ。

二也に一緒に来てくれてありがとうという一子。車の窓から眺める景色をみながら伝えた。

二人は一子の実家に到着する。

右手にギプスを巻いた母が、こたつでお茶を飲んでいる。

体の痛みや、ギプスの不便さ、風の強さを語る母に「タクシー呼べば?」と冷たく言い放つ一子。

浮かない表情に一子と母の関係性が垣間見える。

二也は二人の決まづい空気を察し、お弁当のおにぎらずを差し出す。「一子ちゃんとお昼作ってきたんですけど、どうですか?」

手を怪我している母に、片手でも食べやすいからとの気遣いだ。

一子の母は二也の優しさと、亡くなった暴力的な夫との比較を始める。

「一子はいい人を捕まえた」と一子の母が言うと「捕まえたとかやめてよ」と憮然な顔の一子がミカンの皮をむきながら言う。

一子の父の暴力でできたふすまの穴をみてその時の状況を語りだす。

一子はそんな母に「穴ふさげば?」「私お金出すよ」「暴力の跡毎日生きていくのって嫌じゃない?」

母は「まだ使えるわよ、もったいない。」と断ります。

母はため息をつきながら、「あんたのそのしゃべり方と目の座り方あの人とおんなじ。あ~おっかな。」と母と娘の言い争いが始まる。

一子は暴力的な夫との暮らしは母が選んだ生活で、自分の選択、遺伝子を受け継いでるのは私のせいじゃない。

自分は今の暮らしを選んで大事に維持していると反論する。

雰囲気を変えようと、二也がお茶を入れる。

二也は一子に「家事を教わっている。賢くて、まっすぐで」と一子をほめることも忘れない。

場面は二也と一子が、実家で布団を横並びに敷いている場面に変わる。

一子は二也に「ありがとうね」と感謝を伝える。

「今までしてこなかったんだけど、昔の話してもいい?」と一子は子どもの頃の話をはじめる。

小児アトピーだった一子に、体液や皮膚で汚れた寝具や衣服をすべて自分で洗うように言った母、かくとすごく怒られて、手もほとんどつないでもらったことがないこと。

酔った父が母に手を挙げた、怖くて眠れなかった次の日に「助けに来なかった、あんたは薄情」と責められて…。

一子は「この家は無力で悲しかった頃の自分に引き戻されるから嫌い…。おかあさんだって全然優しくなんてしてくれなかったのに、向こうが弱ったからって優しくなんてできないよ。」と本音を二也に伝える。

「介護なんてできない。」「今だって殴りたくなる」と話す一子。

二也は「そういう時が来たら一子ちゃんが辛くならない方法を考えよう。俺もいるし。」と寄り添ってくれる二也。

「お母さん嫌い、でもお母さんはかわいそう…。」と涙する一子。

「自分が選んだ家族がおとやんで本当に良かった。」「おとやんの子どもは本当に幸せだろうなって思う。」

さっきまで、優しい笑顔だった二也は少し口角をさげ、戸惑った表情になる。

そんな二也の雰囲気を察して「今はちょっと特殊だけど。」と自分の気持ちを隠すように少しだけ笑顔を見せる一子。

場面は二也の会社の昼休みへ。

自分で作ったお弁当を公園の階段で食べる二也。

象のように見える雲を見つけてスマホで写真を撮る。それを誰かに送っている。

美月だ。

すぐに帰ってきた返信に嬉しそうな二也。

お弁当見たいと送ってきた美月に対し、お弁当を持ってどこかへ行こうと返信する二也だった。

場面はひろを幼稚園へ迎えに来た美月が、帰りに公園へ寄るシーン。

ボールで遊ぶ三人組の女の子をみて、「あっちで滑り台しようか」という美月の手を振り払って、ひろは3人組の女の子のボールを奪ってしまう。

泣き出す女の子。

謝る美月。女の子はママと一緒におうちへ帰ってしまう。

そんな場面でもニコニコ滑り台を滑り出すひろ。

場面は美月とひろ二人の食事場面へ。

ケチャップで「ひろ」とキレイにかかれたオムライスに、ひろがぐちゃぐちゃにスプーンを差し込む。

「ほら、おいしいよ。」と食べさせようとするが、ひろは机をたたいて、リビングの方へ行ってしまう。

そこに電話がかかってきたが、美月が出る気配はない。

義母から「先生の後援会があるの。」との電話だ。

その電話は無視して、ひたすら車のタイヤを回すひろをみつめる美月であった。

ひろはやっとベッドで眠った

音を立てないように部屋を出ていく美月。

おもちゃの散乱したリビングを片付けようとするが、すすまない。

美月はポケットからスマホを取り出して電話をかける。

相手はもちろん二也だ。「今大丈夫?」と聞く美月に「大丈夫だよ。」と優しい声で話しかける二也。

「声が聴きたくなった」という美月に対して「明日どこか一緒に行こうと誘う二也。

場面は二也が待つ公園の入り口にひろと美月が待ち合わせる場面。

「初めまして。」とひろに声をかける二也。

ひろはそんなことは関係なく、遊具の方まで走っていく。

3人は仲の良い親子のように、シャボン玉をして楽しむ3人。

お弁当を食べる3人。好きなハンバーグを嬉しそうに食べるひろ。

自分でフォークをもって二也の作ったハンバーグを食べる。

笑顔で過ごすことができる美月。

それを見て二也も笑顔を返す。

ひろは昼ご飯を食べてから、マットの上で眠ってしまう。

「この子4歳になったんだけど、いろんな面で1年以上遅れてるって言われてて…。」

夫は療育より、母である美月がみるべきという考え。義母は療育より自分が心酔している占い師の先生に診てもらうべきだと言ってくることを二也に伝える。

弱音を漏らす美月の手を二也がそっと握る。

場面は美月の夫、志郎が仕事で公園の近くを歩いているシーン。

ふと見ると美月とひろ、二也が「バイバイ」と別れを言っている場面を遠くからみつける。

美月は気づいていない。

志郎が自宅へ帰ってくる。

志郎が帰ると同時に、晩酌の準備をする美月。志郎にお花のあとの、食事会の許可を志郎に取る。

志郎は「今日って何してた?」と聞く。

「天気が良かったから、ひろと公園に行ったよ。」と答える美月。

似た人を見たという志郎に「声をかけてくれたらよかったのに。」と淡々と話す美月。

「あの一緒にいた人誰?」ビールをつぎながら聞く志郎。

「お花教室の人にたまたま会ったの。あの辺に住んでるのかな?」としらばっくれる美月。

志郎はお花の友人を家に呼んでは?と話すが、気を使うし、友人をジャッジされるのが嫌だからと断る美月。

占いの先生に診てもらえという義母に、志郎から断ってほしいという旨を伝える美月。

「ひろについての話だよね?育児は美月の担当でしょ?俺間違ったこと言ってるかな?」と問い詰めるように言葉を発する志郎。

「でもあなたは父親でしょ?」

話はかみ合わないまま、美月は不満そうな顔で志郎の前に座る。

ひろの夜泣きが始まった「あなたが行って」という美月に「俺じゃ無理だよ。知ってるでしょ。」という志郎。

美月は黙って、ひろの部屋へ向かった。

お花教室の場面。

帰りに美月と二也はホテルで待ち合わせる。

そこで、美月は二也につくったお弁当をふるまう。

二也がお弁当を食べながら二人で話をする。

夫に公園の場面を夫に観られていたことを告げる美月。

少し動揺する二也。

今後もこの関係性を続けていきたいから、ばれたくないから気をつけようねとお互いに確認する。

そこで「二也さんだって、奥さんにばれたら大変でしょ?」という美月に対して弁当を手に固まる二也。

一呼吸おいて「あのね…。」と最初から妻の公認であるということを告白する二也。

美月は公認不倫に対して「奥さんはそれで平気なの?」と、不機嫌そうな顔に。

「でも、奥さんとは仲いいんだよね?セックスはしてなくても。」

二也は慌てて「俺がいま恋愛感情をもってるのは、美月さんだけだからこれは本当」と追い打ちをかける。

「私とは恋愛感情が必要で、奥さんは人として好きってこと?」という美月に「え?」と戸惑う二也。

「私との間にはセックスとか性欲が必要で、奥さんとは惚れたはれたとかを超越した、愛情と信頼で結ばれてるってこと?そうだよね夫婦だもんね」と憤る美月。

「私はあなたたち夫婦のバランスを取るための緩衝材か何か?」とヒートアップしていく。

「二人の秘密だと思って大切にしてきた。掌の上で転がされるなんて冗談じゃない。馬鹿にしないで。」と怒って帰ってしまう美月。

場面は美月が自分の実家にひろを迎えに行くシーン。

美月の母が「今日はちょっとすごかったね~」と明るく迎えてくれる。

「美月も時々息抜きしないとね。」と言いながら「おかず持って行って」

と作り置きのおかずも渡してくれる。

孫にも優しく接してくれる母だ。

帰りのタクシーで「不倫相手にお弁当を作って、息子を預けた実家からおかずをもらって…。最悪だ」とうらぶれる美月。

美月のスマホのバイブレーションがなり、メッセージが届く。

二也だ。やさしい二也のメッセージに「私もおとやさんが好きです」とメッセージを返してしまう美月。

「やめられない、最悪でも、どうしても。」

シーンは一子が夜道を一人歩くシーンに変わる。

立派な門構えの建物の前に立ち止まり「カウンセリングだけだし…」と思い切って中に入る一子。

ラグジュアリーな建物の中で、サングラスをかけた女性の前に座る一子。

エステサロンの経営者だろう。

「性的なサービスって、ジムやエステやマッサージと同じで、自分の心と体をいたわって喜ばせる大切なケアだと思っているの。だからおいしいご飯を食べに行くときのように好奇心を持って楽しんでほしいの。」とサングラスを外しながら一子に語る女性。

中二階に男性の影が。

「うちで一番人気の子なの。予約を入れる前に少し話してみない?」と降りてきたのは金髪の美少年の礼。

「若い子なんて好きじゃない、全然、本当に。でも…この子はまぶしい。」と容顔美麗 な礼に魅了される一子。

可愛らしい礼の姿と、丁寧な接客で気分が高揚する一子。

礼から手の甲にキスを受ける。

一か月後の第三木曜日に、何の迷いもなく礼くんを予約した一子。

場面は一子と二也の自宅で、二也が洗濯を畳んでいて、一子はパソコンに向かっている。

二也は一子のいつもとは違うレースの下着を見つける。

「いい下着は手洗いしたほうがいいよ。」と動揺しながらも下着の選択方法を伝える。

場面は一子の祖母の法事の場面に。

親戚のおじさんから離婚の話を振られているとう子。とう子の39歳の年齢に、子どもは二也のところが生むべきという話を一方的にしてくる。

二也は「老後のために子どもを産むなんて、無責任なことはやんない」と反論する。

二也の母も「亡くなった人や、まだ見ぬ人の人生より、今生きている人の人生の方が大切よ。」と援護射撃を打ってくれる。

帰りには一子に、おじさんのことを詫びるとう子。

二也の家族は父を早くになくしているが、仲が良く自由な家族。

そんな家族を持つ二也に嫉妬めいた感情すら抱くことのある一子がいた。

場面は法事から二人が自宅へ帰った場面に変わる。

一子は「おとやんはさ、子どものこととか考えたりすることある?」と聞く一子に「どうだろう?今は具体的にはあんまり。」と電気の消えた部屋でこたえる二也。

「私にもこれから何かあるかもしれないしね。」という一子に、呆然とする二也。

場面は会社の倉庫で段ボールを持ちながら考える。

一子側の公認不倫の可能性を考えていなかったことに気づいた二也。

一子が他の男とセックスする場面を思い浮かべ焦る二也。

場面は第三木曜日の夜。「夫が恋人と過ごす夜。そして今日は私の初めての風俗記念日。」と夜の道を歩く一子。

続く。

感想

今回は一子と二也の家族関係が描かれていましたね。

一子と母の関係性は良くなくて、言い争いの場面では「私は二也との関係を守っている」と話す一子から、結婚恋愛許可制は一子なりに家族を守ろうとするための方策なのかなと感じました。

暴力的な父と他責思考な母親に育てられた一子が「手もつないでもらったことない」と二也に告白するシーンでは切なくなってしまいました。

二也の優しさに一子が救われているからこそ、婚外恋愛許可制をとってでも離れられない存在なのかもしれませんね。

二也の家族は父を早くに亡くし、姉と3人で仲良く暮らしてきた様子。

それなのになぜ二也はあんな感じに?と思ってしまった。

二也の母も姉も自由にさせてくれるからこそ、甘えて育ってきたのだろうか?とさえ思うほど、人に対して無責任だと思ってしまう。

一方美月の現在の家族の背景もなんとなく見えてきました。

ひろは発達障害で、夫はその育児に非協力的、占いに心酔している義母がいること…。

正直、恵まれてはいませんね。

月一回実家の母にひろを預けて、二也と過ごす時間だけが美月の心を落ち着かせてくれるのも、何となくはわかります。

そして、それはいけないことだと美月自身も「最悪だ」と憤っている。

正直、それでも子どもがいて、月一回も夜に出かけられるってすごい事なのでは?

その状況に、美月の人への依存度が強くて全然共感できない。

原作の時にも思ったけど、安定のイライラキャラとして健在だなと思います。

二也に「二人だけの秘密だと思っていた」と怒るシーン。公認だからと言って二人の関係性が変わるわけでもないのに、何をそんなに怒っているんだと思ってしまう。

公認だったら、慰謝料請求なども心配せずに過ごせるのだから、むしろ一子に感謝しても良いくらいでは?と私は共感できないな~と。

そして、人生を一緒に進む覚悟もないのに、息子に会ってしまう二也。何やってんだと思う。

期待させておいて、そんな気はない。

1話から優しい鬼だと思っていたけど、優しいクズでもある二也らしい行動だと思う。

一子との会話からも、二也は30代後半の女性の子どもを持つかどうかという選択肢には寄り添ってくれないらしいことがわかる。

自分自身にも子どもを持つ覚悟はなさそうで、「別れるなら今だぞ!一子!」と心の中で主人公を応援している自分がいました。

今回は個人的には、より二也と美月に疑念がわき、一子を応援したくなる回でした…。

\無料体験期間中いつでも解約OK/

Amazonプライムを無料体験してみる

/1122が観られるのはAmazonプライムだけ\

※アフィリエイト広告を利用しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

-ワーママの読書とエンタメ